サヤ取りFXはどのような手法?

 


サヤ取りとは一時的な乖離を狙って売買する方法です。

 

これには連動しやすい通貨ペアを用いる必要があります。

 

ある通貨ペアAと別の通貨ペアBとがあったとして、AとBはある一定の連動性を持って動いているとします。

 

これがかなりの確率で連動性を保っているということが条件となります。

 

そして一時的にAとBとが大きくかけ離れることがあるとしましょう。

 

例えばAのレートが高くなってBのレートが低くなるといった状態になった場合には、通貨ペアAのショートポジションを持って通貨ペアBのロングポジションを持ちます。

 

通貨ペアAと通貨ペアBとは連動するということですから一時的にかけ離れたものはいずれ戻る可能性があるでしょう。

 

例えばAが上昇した場合であってもBはそれよりも大きく上昇するというようにして乖離が集成されるということが期待されます。

 

これによって利益を出そうというのがサヤ取りです。

 

一時的な乖離のことをサヤと呼びます。

 

サヤ取りという手法はFXで使われる前から株式でも用いられていた手法です。

 

ただしサヤ取りをするときにはリスクも存在します。

 

一時的な乖離が修正されるということを前提としているわけですが、それが修正されない場合もあるでしょう。

 

このような場合には両方で損をする可能性があるのです。

 

平常時は比較的安全なサヤ取りですが、相場の急変時には思わぬ損失を発生させてしまう可能性がある手法なのだということは忘れてはならないでしょう。